<石窯づくり 2007. 3. 28>

last update 13.April.2007

 五日目。

 ひもと鉛筆で大きなコンパスをつくり、
 大きな円を描きます。

 そこへ一段目となる耐火レンガを円に並べます。

 次に、畑の土を掘って、掘って・・
 その土で小山をつくります。

 形のよい小山をつくるために、
 ベニヤ板を半円に切って、子山にあてます。

 400度まで耐えられるように、耐火セメントを使います。
 しかし耐火セメントは高価なので、火に近い部分だけに塗ります。

 その後、普通のセメント(セメント:砂=1:1)で固めていきます。

 正面の扉のまわりは、斜めカットされた新品の耐火レンガを使用しま
した。ここは耐火セメントのみで固定しました。



ベニヤ板を半円に切って、子山にあてます。









今日はここまで〜


Top Page
































inserted by FC2 system