<2008. 3. 4>

last update 5.March.2008

 3月4日(火)オーロビル ブッダ・ガーデン

1.モーター・バイク
2〜12.ブッダ・ガーデン
13〜14.Visiter Center
15.掲示板
16.キャンドル
17.本とCD
18〜19.Solar Kitchen
20.ENERGY HOME の住所
21.インド人のお友だち

*

 3月4日(火)

 6:30〜 なおこは二曹式洗濯機で洗濯〜

 朝食はバナナとパンとチャイ

 バイクで出発〜
 ペトロール(ガソリン)1リッター(165円)

 おさむ用にストールを買う。
 これで首の日焼け防止になる。
 インド人にもなれる。
 水とバナナも買う。

 ブッダ・ガーデンへ向かう。
 かなり道に迷ったものの、欧米人に道を聞きながらなんとか辿り着く
ことができた。ふーっ

 ブッダ・ガーデンには素敵な雰囲気が漂っていた。
 長期滞在型で有機農場暮らしをしたくなるような場所。

 カナダ人カップルとすぐに友達になった。
 男性の方はカナダで木を植える仕事をしている。
 とは言うものの単一の木を植えていくので(植物多様性の逆なので)
あまりいい仕事とは言えないとも考えているそう。

 女性の Lea は、90%の raw foodist だそうだ。
 なおこと会話がはずむ。

 するとブッダ・ガーデンのリーダーである Priya が、シャワーを終
えて外に出てきてくれた。Priya に招かれ、家の中に入る。そこで、い
つものように、今日はおさむが自己紹介をした。こちらの要望として、
オーロビル内の有機農場のいくつかを見たいと申し出た。Priya 
いわく、それなら Solar kitchen の横にある Farm group office
(2622107) に電話、もしくは訪問するといいとのこと。ともかく 
Priya に会えたことがうれしかったし、Lea に会えたこともうれしかっ
た。 Lea はなおこに夢中、とまで言ってくれた。(いきなり夢中!?)

 ブッダ・ガーデンでは毎週木曜日の朝10:00〜見学会を開催して
いるそうなので、ボクらもあさっての木曜日に再度訪問することに決め
た。

 昼食はブッダ・ガーデンの敷地内で、持参していたバナナとチャパテ
ィとパンで簡単に済ませた。

 その後、Visiter Center へ向かう。
 Visiter Center 内にはいくつかのオーロビル製品(商品)を販売し
ているセンスのいいショップがある。ここで時間をさいてゆっくり買い
物をすることに。

 本日、買ったものは、おさむ用のパンツ1本、なおこ用のパンツ2本、
バッグ1個、ゆうや用シャツ1枚、ノート、パピルス(オーロビルの手
漉き工場)のノート3冊、Bansun と Tabla のCD、を購入。このCD
は本屋&CDショップでBGMで流れていたもの。

*

 その後、Solar Kitchen へ
 Solar Kitchen では二階のみ営業中(地下は close.)
 ここで一休みしてから、外へ出て巨大ソーラーの鏡を垣間見る。

*

 その後、youth camp 付近のいつもの商店街へ戻った。
 モーター・バイクの運転にもだいぶ慣れてきた。(三人乗り)50cc

 マネー・エクスチェンジをする。

 なおことゆうやはココナッツ・ジュース(18円x2)

 なおこは良心的な衣服ショップの中にずっとこもりっきり。
 ここで買った服は、おさむ用のヨガ・パンツ(えんじ)、なおこ用の
ストレッチ・パンツ2本。買い物にも氣合いがいる。いいものを選びた
いから。

 おさむとゆうやは歩いて、organic cafe Farm Flesh へ

 ここで、午前中、Lea が教えてくれた ENERGY HOME の raw sweets 
を探す。よさそうな raw sweets を一個購入。165円

 これで ENERGY HOME の住所がわかった。

 ENERGY HOME - Natural Health Food Restaurant
 35-A Chetty Street, Pondicherry-605 001
 tel.(0413)2339666 http://energyhome.tripod.com

 そうなのだ。

 こんなにいい店がポンディシェリーの街中にあるのだ。
 まさか南インドで raw food restaurant に出会えるとは思わなかっ
た。これで楽しみがまたひとつ増えた。(^^ アーシュラムの近くらし
い。

 明日の朝食用のパパイヤ、バナナ、水を購入して宿に戻る。

 夕食は・・
 ビーツ・ジャガイモ・ひよこ豆・トマトの一品
 ピーマン・玉ねぎ・マッシュルームのマカロニ(トマト風味)
 スパイスのきいたライス(ココナッツ風味)

「おいしい〜」と言ったら、料理人が食事の席にきてくれた。
 しばし料理の話に花が咲く。

 明日の午後、この料理人が南インド料理をつくるそうなので、その仕
込みの様子をなおこが見学させてもらえることになった。

 なんだか Happy.



 Top Page




































inserted by FC2 system