<2008. 3. 2>

last update 4.March.2008

 3月2日(日)チェンナイ〜ポンディシェリー(鉄道で移動)

1.駅で買ったチャパティ
2〜6.鉄道の風景
7.Healthy plate(オーロビルの organic lunch)
8.チャパティとサブジ
9.rice set
10〜11.Auroville information reception center - restaurant
12〜13.youth camp(宿)
14〜19.散歩
20〜21.ココナッツを鉈で割る技、あざやか
22.PAPYRUS(紙の工場)

*

 3月2日(日)

 朝食はなし。

 リクシャーに荷物満載でエグモア駅まで180円

 6:35発、ポンディシェリー行きに乗り込む。
 SECOND(二等車)が空いていて、見た目も中流階級のヒトばかりだっ
たので SECOND に乗り、あとで SECOND 料金を支払うことにした。

 定刻にエグモア駅を出発
 途中駅で朝食になおこ&ゆうやが駅構内で掛け声をかけるモノ売りか
らチャパティを30円で買い、車中で食べる。二人ともおいしいと言っ
てた。

 12:05 140km離れたポンディシェリーに到着。
 リクシャーに乗って La boutique d'auroville へ 180円
 しかし日曜日のため close.
 そこから同じリクシャーでオーロビルへ向かう。10km 540円
 ガソリン(ペトロール)は159円(1リッター)なのでリクシャー
も経営がつらいらしい。

*

 念願のオーロビルに到着〜(^^
 とてもきれいなところ。
 organic が基本の地域なので、それだけでうれしい。
 organic の重要性を理解し、持続可能な社会を目指す理念の賛同者が
二千人、暮らしているのだ。
 世界中から organic 好きが集まっている。
 英語がふつうに通じるのも快適だ。

 visiter center でランチ(oraganic)
 Healthy plate 235円
 チャパティとサブジ 120円
 rice set 150円
 比較的良心的な値段でオーガニック・フードが食べられるのがすばら
しい。

 visiter center にてオーロビルの地図を30円で購入。これをあな
たたちは買わなければならない、と言われたので。

 visiter center で「今晩、宿泊したいのですが」と伝えたら、いま
はシーズン中なので、ほとんどの宿はいっぱいなのよ、とのこと。とり
あえず、あなたは youth camp へ電話して空きがあるかどうか確認しな
さい、とのこと。オーロビルでは英語が話せなければとりあってくれな
い。visiter center でも宿の手配はしてくれない。すべて自分でしな
ければならない。けど、そういうところも氣分がいい。

 youth camp へ電話したところ、インドなまりの英語だったのでやや
苦労したが、空きはあるとのことだったので、向かうことになった。
youth camp までの行き方は visiter center にいた若い夫婦が教えて
くれた。早口の英語だったが発音がネイティブなのでわかりやすい。

 visiter center から youth camp までリクシャーで660円(高い
・・)(これでも値切ったんです・・はるやさん、すみません、)

 youth camp では一部屋だけ高価な部屋が空いていた。なくなく42
00円支払う。その後、徒歩でフルーツを買いに。ココナッツ18円x
2、オレンジ25円x3、パパイヤ84円、バナナ3円x6、合計21
3円、オーロビルのミネラルウォータ75円

 夕食は大きなパパイヤとオレンジ。三人ともおなかいっぱい。

 鉄道の中では一睡もしなかったので、今晩はそのままダウン・・
 zzzzzzzz........



 Top Page




































inserted by FC2 system