<バリ島(日記)2004. 3. 10>

last update 10.March.2004

  3/10

 早朝5時、家内が一人で起きて、市場へ出かけた。魚や鶏肉や果物の
混ざったムッとした香の中、歩き回ってきたとのこと。

 朝食はパンにフルーツ。地球の歩き方を熱心に見ていた家内がひとこ
と。「この宿、よさそう」見れば、きれいで安い。早速、いつものよう
にカデさんに連れて行ってもらい、部屋を見て即決。またまた移動する
ことにした。一泊1000円。明るい雰囲気でとっても清潔。シャワー
もお湯がでるこの宿の名前は HAI HOME STAY.昨日の Bali Buddha が近
い。

 宿を移ってからスーパー(Delta Dewata)へ行き、祐也にサンダルを買
ってあげた。しかし本人はどうも氣に入らない・・まぁいいや。家内は
お盆のようなアジアンな黒いトレーを買った。

 一度、宿に戻って昼食。上手に紙に包まれたナシ・ゴレンを食べる。
か、辛い・・けど、おいしい。鶏肉の小骨をとりながらゆっくり食べた。

 ボクは家内に「そろそろ website を update したい」と伝え、歩い
て10分の internet cafe へ note PC を持参。だって、バリの安宿の
部屋には電話回線がないから。

 一軒目の internet cafe では持ち込みPCは断られ、二軒目の 
internet cafe でOK.ただし dial up(modem) とのこと。この際、贅
沢は言えない。7円/分。相場はLANで50円/15分だったり、そ
の半額だったりなので、かなり割高か・・  dial up のための 
provider は、指定のものを使ってほしいと言われたので、ID, 
password もきちんと貸してもらい設定したところ、問題なくつながっ
た。ボクのは古い 28.8k bps の速度だが問題なし。とっても快適。

 18:00にバタン・ワル(Batan Waru: organic restaurant)で家内
と待ち合せ。ここはバリ島ではめずらしく化学調味料を一切使わず、素
材にもこだわっている。注文したのは、テンペ・ソテー、豆腐としいた
けのココナッツ煮込み、レンズ豆のスープ、トマトのフェットチーネ、
スイカ・ジュース、タイガー・ビール、ライス、パン、三人で1700
円。値段もさることながら味がすばらしい。つくづくボクらはよい店に
しか行っていない。たまにはワルンで三人で200円くらいのものを食
べてみたいものだ。それだって十分な食事ができるのだから。

 ただし、ココナッツ油が多く使われていることがあり、お腹をこわさ
ないよう注意は必要。ガドガド(温野菜)だったらおいしいと思う。


「写真とって!」と言われて。





HAI HOME STAY (a clean and reasonable hotel, home stay style)
inserted by FC2 system